SnowMan LIVETOUR 2022 Labo. 11月26日福岡昼公演に行きました

 

 

SnowMan LIVETOUR 2022 Labo. 11月26日(土)13:00 福岡 マリンメッセ福岡A館」

ネタバレを多く含みます。

 

遂に!わたし!スノーマンに!会えました!

SnowManのFCに入会して早3年(2019年11月27日に入会したので丁度3年だった!)、デビューコンサートに申し込みましたが、落選でした。その後、コロナによりデビューコンサートもオンラインで無観客に・・・。去年のツアーは、職場では新卒1年目だったからアホなことはできなかったし(?)、まだコロナで移動制限があるような時期だったので、ツアー申し込みは断念しました。今年は移動制限も緩和され、遂に誰にも咎められることなく行ける年!申し込みはしたけど、スノーマンのファンの母数がマジで入会当時の非じゃなくて、デビューコンサートですら当選しなかったのに、今回当選するのか不安で夜しか眠られないくらいでした。当選したのが、ほんとに奇跡だと思った。当日になるまで、あれ?本当に当選したよね、と何度もFCサイトに確認しに行きました。

わたしは、小学生の頃から約16年間ジャニーズがずっと好きでしたが、コンサートに行くなどは、一回もなく在宅ヲタをしてきました。初めて好きになったジャニーズタレントは、ヘイセイジャンプの山田涼介さんで、その後もキスマイやV6も好きになりましたが、CDやDVD、雑誌を買うだけのヲタクライフを送ってきました。大学生となり、アルバイトで収入を得ることができるようになった頃、スノーマンを好きになり、ファンクラブにも入会しました。スノーマンが初めて入会したファンクラブ。長いことイケメンを愛でてきた人生でしたが、生で!ジャニーズを!イケメンを!拝むことができる日が来るとは・・・。

当日、前乗りして泊まったホテルから緊張で、早めに出発していまい、近くの公園でドキドキしながら時間をつぶして過ごし、遂に会場の中へ・・・。チケットを見ると、スタンド席4列目でした。スタンドだったけど、アリーナだったので、裸眼でも割と見えました。

 

感想を述べていきます・・・

 

 

 

 

まずひとこと感想!!「スノーマン!!!エロい!!!」

 

人間ってエロイなって思った(気がふれています)

 

 

 

スタンド席4列目だったけど、目の前をトロッコに乗ったメンバーが通った。ほんの4.5メートル先をメンバー全員がゆっくりとした速度で通過していき私は茫然としてしまった。トロッコについての感想を主にして、今回の公演の感想を申し上げたいと思います。

ラウールさん、やべぇわ彫刻だった。人間だけど、人間じゃなかった。この距離だから我慢できたけど、より間近で見たら私は爆発すると思います。よくメンバーの皆さん、爆発しませんよ。身長高くてスタイルよくて粘土こねていい感じに作ったんだよきっと。アニメキャラ・・・ジョジョあたりのフィギアにいそうでしたラウール。「ボクとキミと」のソロパート、キーが少し高いのか頑張って歌うラウちゃんに感動しちゃった。

向井康二さん(推し)、テレビで見るよりも更に華奢で泡吹いた。向井康二の作画の線が細いのよ(?) 逆にラウールさんの作画の線は太いです。向井康二さんの踊り方が本当に好きなので、踊る時の足のスタンスが広めで、角度とかも好き。ダンスの癖が、関西にいた頃よりもスノーマンになってからはなくなってきたんだけど、やはり彼のダンスはわたしは大好きです(大声) 目の前に通った時、実在したんだって思いと、好き!!!!って気持ちが溢れた。茫然としたよね。「君の彼氏になりたい」って真剣な声で言う康二くん・・・好き・・・。康二くんの大好きな歌声を生で聴けたこと、マジで一生の宝物です。コンサートって、ずっと康二くんのチッケムできるの最高でしかねえな。双眼鏡も駆使しながらずっと追いかけてた。ずっと可愛くてかっこよかった。そして康二くんに対して感じていた儚い雰囲気。実在していて、目の前で元気にダンスをしたり歌ったり手を振ったりしているのに、儚く消えてしまいそうな存在でした。それをより感じてしまいました。

深澤辰哉さん、肌が非常に白くて、作画がきめ細かい(作画の話しかせん)。なんか「頭がでかい」って言われがちだけど、生のふっかも完全にリアコ。全然頭大きくなかったよ。 佐久間さん、可愛い!テレビで見るよりもマスコットみが強い。顔も頭も小さくて、すごかった(語彙力) 目黒蓮さん、トロッコで近くを通った時、汗の雫が落ちる瞬間が見られて感無量です。メンバーといる時の目黒連さん、ぽやぽやしてる。たまにイケボでボソっと呟くから、私はそれに湧いた。宮館涼太さんが白いハットを被りながら会場を支配するタイム、最高でした。トロッコで目の前を通った舘様は、国王でした。肌がとっても綺麗でした(肌の話しかせん)。テレビで見る舘様よりも顔と頭が小さい!!(相当失礼ごめん)ほんとにリアコよ!

渡辺翔太さんが一番想像?思っていたイメージと違って、時止まった。完全なる「王子様」でした、彼。誰から目線って話だけど人気なのわかるわ。会場見た感じ、青いライトが目立ってて渡辺担当多いなと感じた。やはり根強い人気だな渡辺翔太さんさすが。ぽやぱやしている渡辺翔太さん、画面に映る度に悲鳴が上がってた。さすが美容に特化されているからか、肌が発光していました。あとすごくスタイルがいいのよ。平均身長高めのスノーマンの中にいると、しょっぴーって小柄に見えがちだけど、単体でしかも生で見ると、スタイルがよくて男を感じました・・・。好きになります・・・。

 

セトリの話します。

ブラザービート」を歌いながら登場された際、思わず涙が・・・。この3年の思いが溢れてしまいました(きもい)。滑り台から降りる前に、端っこでめめこじがイチャついていたのを目にしてしまいました(初の生めめこじ感動)。その後、何曲かは記憶ないですけど。

「Grandeur」の最後のスーパーこうじタイムが生で見れたし、あそこの康二くんのダンスが本当に好きです。感動しました。ありがとうございます。

「Snow world」のダンスをペンライトで触れて、すっっっごい嬉しかった。あの生配信(いつのなんの生配信だったか忘れてしまった)で、皆も踊ってねって言われてた時からって考えたら、この振り付けをライブでできるの感動もの。

「Tic Tac Toe」からラストにかけてやばかったです。照明や登場の仕方も好きすぎました。「アオォ~~~~ン」のさっくん、康二くんが最高でした(どちらも生声) 振り付けも好きでした。この曲からドスケベ衣装にチェンジしておられます。最高でした。この曲から「CFB」「Movin’up」と続いてラストに近づいているのに最高にテンション上がりました。

「ナミダの海を越えて行け」の歌詞、曲調全てが「好き」で、泣けるんだよなあ。

ラストの「D.D.」やっぱりデビュー曲は神。

 

着替えの順番を決めるぐっとぱーで、画面に誰かしら映って「キャー」って悲鳴が上がるから、「これがいいの?チョロいね(全てニュアンス)」って言う小悪魔ラウールちゃん好き。大きなステージの真ん中に大の男が9人もちょこんと集まってるの可愛すぎて無理でした。テレビなど映像媒体で見ているスノーマンがそこにいて、

 

コロナ以来、初めての声出しOK公演だった。久しぶりに歓声を浴びたラウール様の一言が「意外と声高いんだね」で、完全に中村春菊の攻めでした、、、

 

ずっと好きだった人間たちが、映像ではなく目の前にいて、実在している。その事実に震えたし、このドキドキをずっと覚えていたいとも思った。そして、人間ってエロいなと思いました。映像からは得ることのできない質感?身からでるフェロモン?なんと表現したらいいのかわからないけど、実物からしか感じることを得ないものってあるんだなって感じました。そのストレートな言葉として、チープになってしまうんですけど、まじで人間ってエロいんですよ。ってことがわかりました。

 

去年の冬からスノーマン熱が個人的に冷めてきてしまい、このまま会えずに終わるのかなとも思っていましたが、すぐに再燃しそしてコンサートにも当選し、今後も応援できるモチベーションにもなりました。スノーマンを応援し始めた当初の想像よりも、グループとしてどんどん大きくなり、ファンの母数も増えて、何度もビックリしてしまうけど、今後もたくさんの活躍が見ることができるのがとっても楽しみです。また会いに行けるように徳を積みます!!(祈るしかできないです)